大阪吹田のインプラント優良歯科ガイド HOME » インプラント治療シミュレーション » インプラント治療の流れ

インプラント治療の流れ

ここでは、カウンセリングからインプラント本体の埋込み、アバットメント装着、完成までの治療プロセスを紹介しています。

はじまりはカウンセリングから

インプラント治療を受ける場合、ほとんどのクリニックではまずカウンセリングを行うのが普通です。患者の歯の状態や歯茎、さらには顎の骨の状態などを確認し、どのようなプランで進めていくかを決めていきます。

ここでの対応の善し悪しは、いいクリニックか否かを見分けるポイントのひとつと言えます。例えばドクターやスタッフの方が、素人にも分かりやすく治療方法や過程を説明してくれるか、疑問点や不安に答えてくれるか、費用を細部まで教えてもらえるか、といった具合です。

ちなみに、私がお世話になった大阪インプラント総合クリニックでは、カウンセラーさんが専任で付いてくれるという方式になっていました。これはカウンセリングから治療完了までの期間、ドクターや歯科衛生士さんに直接言いにくいことでも相談できるようにとの配慮だそうです。私もいろいろ相談にのってもらえ心強く感じました。

歯茎切開から本体の埋込みまで

カウンセリングによりプランが決まると、インプラント治療の開始です。私の場合は、すでに歯がなく部分入れ歯を使用している箇所にインプラント埋込みをしました。歯茎を切開して、ドリルで顎の骨に穴を空け、インプラント本体を埋込み、歯茎を縫合するまでが、インプラントの第1ステップです。

そして、この状態で本体がしっかり固定されるまで待つことになります。場合によっては、その期間が半年や1年かかかる場合もあるそうですが、私の場合は3ヶ月でOKでした。これも卓越した技術と豊富な経験を持つ、大阪インプラント総合クリニックならではというところでしょう。

アバットメント装着から治療完了まで

本体埋込みから3ヶ月後、次のステップとして再度歯茎を切開し、アバットメントという本体とかぶせ物を連結させる部品の装着が行われます。そして、このアバットメントが歯茎と馴染むようになるまで、再び待機期間には入ります。この2度目の待機期間は、場合によって数週間から数ヶ月かかることもあるそうですが、私の場合は10日ほどで済みました。

そしていよいよ最終仕上げと言うべき、かぶせ物の装着です。これが終われば、インプラントは「第2の永久歯」として活躍してくれることになります。私自身の体験を言えば、入れ歯以前の自分の歯と変わらない状態となったことに、大変感激しました。特に食べ物が何でも噛めるようになったことは、大げさに言えば生きる喜びを再確認したという位でした。

しかし、ここで浮かれすぎてはダメとドクターから釘をさされました。インプラントには適切なケアが必要でそれを怠ると、ダメになってしまう場合もあるそうです。噛める喜びがずっと続くよう、マメなケアは不可欠。詳しい方法は「長持ちさせるアフターケア」のページをご覧ください。