大阪吹田のインプラント優良歯科ガイド HOME » 知っておきたいインプラント最新事情 » インプラントの種類

インプラントの種類

ここでは、インプラントの人工歯を構成するパーツの素材別種類や、さまざまな手術の種類について解説していきます。

本体はチタンが主流、かぶせ物の最高峰はセラミック

人工の歯として埋め込まれるインプラントは、ネジに似た形状の本体、本体とかぶせ物をつなぐアパットメント、そして人工の歯として機能するかぶせ物の3つに分かれています。

まず、顎の骨に埋め込まれるインプラント本体はチタン材質のものが主流となっています。チタンは硬度かつ強度に優れた金属で高品質な自動車部品など様々な分野で使われている金属になります。また、骨の密度が低い方やヘビースモーカー、糖尿病の方向けに、HAインプラントというものも用意されています。HAはハイドロキシアパタイトという歯や骨を構成する成分のことで、人間の骨とより結合しやすい性質をもっています。

本体とかぶせ物をつなぐアパットメントに関しては、耐久性に優れたセラミックと、より安価で一般的なメタル製のものが用意されています。

人工の歯として機能するかぶせ物にはいくつかの種類があります。最上とされているのはオールセラミックで耐久性、審美性とも一番優れているそうです。より一般的なものとしてセラミック冠があり、さらに安価なものとしては樹脂製のものもあります。また奥歯用にはいわゆる銀歯に相当する金パラジウム冠や金歯に相当するゴールド冠などが選択できます。

さまざまなインプラント手術の種類

インプラント手術は最も基本的1本の本体に1本のかぶせ物という方法以外にも、患者の症状などに合わせて様々な手術が用意されています。

  • ブリッジ…3本の歯が必要な場合に、3本分のかぶせ物を両側に埋め込んだ2本の本体で支える方法です。
  • All-on-4(オールオンフォー)…インプラント斜めに埋入することでインプラントにかかる力を分散させることにより、最少4本の埋込みですべての歯を支えるという方法。総入れ歯の方や、多くの歯をなくした方のために、手術や費用の負担を最低限に抑える方法として生まれたそうです。
  • GBR法…インプラントを埋め込む部分の骨が不足している場合に、人工の骨を増やす方法です。ただし、他の方法が出てきたこともあり、以前ほどは行われなくなっているそうです。
  • ソケットリフト/サイナスリフト…歯槽骨の厚みが足りない方むけの治療方です。ソケットリフトは上顎洞に、将来骨になる物質を入れ、歯槽骨の再生を促す方法です。サイナスリフトは、さらに歯槽骨の厚みが足りない方に、人工骨や自分の骨を移植する方法です。ちなみに歯科医師達の間では「サイナスリフトができるか否か」が、インプラント治療の技量を図る目安となっているそうです。

この他にも、手術中の痛みを極力和らげる方法などもあります。詳しくは「無痛治療最前線」のページをご覧ください。