大阪吹田のインプラント優良歯科ガイド HOME » 知っておきたいインプラント最新事情 » インプラント誰でも出来る?

インプラント誰でも出来る?

年齢に制限のある、インプラント治療の特徴について紹介しています。

20歳以下でもインプラント治療はできる?

顎の骨が成長過程にある16歳以下の方は、インプラント治療を受けることが出来ません。この時に治療を開始すると、見た目や歯並びなどの仕上がりに影響が出てしまうことがあるのです。16歳前後は、親知らず以外の永久歯が生え揃う年齢とされています。個人差があるので、その後も顎の骨が成長し続けている方も多いようです。18~20歳以下の方は、インプラント治療を避けたほうが良いでしょう。

この時期にインプラントを検討している場合は、クリニックでカウンセリングを行ってもらい、治療の開始時期を相談しておく必要があります。

歯を失ったまま放置すると…?

歯を失ったまま放置するのは厳禁。放っておくと歯の隙間が広がり、噛む力が低下、歯垢が溜まって虫歯になりやすくなるのです。また、失った歯と対になっている歯(反対側の顎にある歯)は、噛み合う歯が無くなってしまった事により、徐々に伸びてきてしまいます。両どなりの歯が動いて傾いたり、噛み合わせがずれ、歯茎の位置が下がる、などの問題が起こってきます。審美的な問題も出てくるのです。
クリニックでは、対処法として隣にある歯を利用し、一時的に仮歯や入れ歯などを入れてくれます。

厳密な年齢制限はあるの?

インプラント治療は、厳密には年齢制限はありません。しかし、70歳以上の方は、治療後のメインテナンスが難しい場合があるので、クリニックではインプラント治療をオススメしていません。

インプラント治療は、歯茎を切って顎の骨を削る外科手術。高齢者は、新陳代謝や身体の治癒能力が低下している事が多いのです。また、外科手術に耐える事が出来ない健康状態であったり、知能の低下が著しい場合、手の運動機能に問題がある場合は、治療を受けられません。もし、健康状態に問題がある状態で治療を行うと術後、身体に何らかの影響が出ることがあるのです。

しかし、精密検査をして特に問題がなければ、70歳以上でもインプラント治療を受ける事が可能です。まずは、納得のいくクリニックでカウンセリングを受けてみましょう。特に、

  • 患者の口腔内全体を考えた治療計画を立ててくれる
  • カウンセリングや事前にあるレントゲン・CT検査・口腔内検査など)が綿密に行われている
  • インプラント治療のメリット・デメリットを分かりやすく説明してくれる
  • アフターケアをしっかり行っている

などが出来ているクリニックは、オススメですよ。

※その他のケースに関しては「インプラントQ&A」のページをご参照ください。