大阪吹田のインプラント優良歯科ガイド HOME » 知っておきたいインプラント最新事情 » 気になる治療費と医療費控除

気になる治療費と医療費控除

ここでは、インプランを構成する3つの部品の価格や、1本あたりの手術費用、複数の歯の手術費用などを紹介しています。

1本あたりの相場は30万円前後

インプラント治療を検討している方にとって、一番気になるのは「果たして費用はいくらかかるのか?」という点になるでしょう。結論から言えば上記見出しの通り、1本あたり30万円前後が相場になります。

「インプラントの種類」のページで紹介している通り、インプラントの義歯は本体、アバットメント、かぶせ物の3つからなっています。これらは歯科医院によってセット料金となっている場合もあれば、それぞれ複数用意されているものから選んで組み合わせるという場合もあります。私がお世話になった大阪インプラント総合クリニック吹田本院(まつもと歯科)は後者の方式となっています。

同院では、まずインプラント本体と手術代が25万円。これに標準的なメタルアバットメント(4万円)とハイブリッドセラミックのかぶせ物( 7万円)を選ぶと、合計36万円(消費税別)となります。より高品位なセラミックのかぶせもの(9万円)と同じくセラミックのアバットメント(6万円)を選んだ場合は合計40万円(消費税別)となります。

複数の本数はより割安に

クリニックによって異なる場合もありますが、インプラントは複数の本数を埋め込むと割安となるケースがあります。ちなみに、大阪インプラント総合クリニック吹田本院(まつもと歯科)の場合の例をご紹介します。

3本分をブリッジ(本体2本とかぶせ物3本)で行った場合
インプラント本体+手術代 25万円×2本=50万円、メタルアバットメント 4万円×2本=8万円、かぶせ物(ハイブリッドセラミック) 7万円×3本=21万円の合計79万円(消費税別)
⇒36万円×3の108万円よりかなり割安です。

全28本を最も一般的なアクリリックレジンタイプのAll-on-4(オールオンフォー)で行った場合
210万円(消費税別となり、36万円×28の1008万円とは格段に安価になります。

インプラント治療費は医療費控除の対象

インプラント治療は自由診療となり健康保険は適用されませんが、医療費控除の対象とすることはできます。医療費控除とは1年間に現実に支払った治療費の合計が他院の治療費も含め10万円を超えた部分が、確定申告の際に控除されるというものです。

ちなみに、税金の還付額はご自身の収入により異なります。なお申請の際には領収書の添付が必要となりますので、なからず保管しておいてください。