大阪吹田のインプラント優良歯科ガイド HOME » 知っておきたいインプラント最新事情 » 骨移植などによる治療法

骨移植などによる治療法

顎骨が痩せすぎでそのままでは、インプラント手術が難しい人のための骨移植治療法や骨誘導再生法などを紹介します。

インプラント前に行う骨移植手術

顎骨が痩せすぎていたり、顎骨の形状に問題がある場合にはインプラント手術の前に骨移植による治療をしなければなりません。自分の骨や人工の補填材を利用したり、骨の再生を促したりして骨の量が少ない人でもインプラント手術が可能な状態にします。

以下が、骨移植の大まかな流れです。

まず、局部に麻酔を打ち自分の骨を移植する場合は、下顎部分などから骨を採取します。採取した自分の骨を、インプラントの埋入する位置にピンで固定します。人工の補填材を使用する場合も同様です。

手術後、3~4ヶ月ほどで移植した自分の骨や人工補填材が安定してきたら、固定していたピンを抜きます。

骨移植や再生法の治療方法や費用

骨移植はその人の顎骨の状態によって異なります。どの方法が最適かは、担当の歯科医師とよく相談して決めましょう。
骨移植手術や再生法は、以下の3つが一般的です。

  1. サイナスリフト
  2. ソケットリフト
  3. GBR

では、次にそれぞれの治療方法や費用などを紹介しましょう。

1.サイナスリフト

顎の骨の厚みが5mmに満たない場合におこなう手術。自分の骨や人工の補填材を、骨が薄い部分に移植して上顎の空洞を押し上げて骨量を確保する手術です。

サイナスリフトの手術は、1回で済む場合と2回の場合があります。骨の量や厚みが適度にある場合は1回で済みます。骨移植手術と同時にインプラントの埋入手術を、1度で終わらせてしまいます。

骨の量があまりない場合は、2回の手術をしなければなりません。移植した骨や補填材が定着し、安定するまで4~6ヵ月程待ちあらためてインプラント埋入手術をおこないます。

費用は、150,000円~300,000円が目安です。

2.ソケットリフト

顎の骨の厚みが5mm以上ある場合におこなう手術。インプラントを挿入する穴(ソケット)から移植する骨を挿入し、必要な骨量を作ります。骨移植することで、上顎の骨を押し上げて骨量を確保するのです。
ソケットリフトは、インプラントを挿入する穴を利用するため、切開箇所が1箇所ですみます。腫れや痛みも少ないようです。

費用は30,000円~100,000円が目安です。

3.GBR

GBRとは「Guided Bone Regeneration」の略で骨誘導再生法のこと。サイナスリフトやソケットリフトのように足りない骨に移植するのではなく、骨を増やしていく方法です。骨を増やしたい場所に人工骨補填剤を入れて、メブレンという膜で覆い骨細胞を集めます。

個人差はありますが、3ヶ月から6ヶ月ほどで覆った場所に骨ができてきます。
人工骨補填剤を利用すれば移植の必要はありませんから、負担が軽減されます。1度のGBRでは必要な骨が再生できない場合は、2~3回繰り返すこともあるようです。

費用は、60,000円~150,000円が目安です。

いずれの方法もインプラント治療の高い専門技術が必要とされます。実績の豊富なクリニック、歯科医師を選ぶことが必須でしょう。