大阪吹田のインプラント優良歯科ガイド HOME » 吹田周辺のインプラント歯科を徹底調査 » フォレスト歯科

フォレスト歯科

このページでは、インフォームドコンセントを重視するフォレスト歯科について紹介します。

インプラント治療のメリット・デメリットをしっかり説明

フォレスト歯科のホームページではインプラント治療のメリット・デメリットについて詳しく説明がされています。インプラント治療とブリッジ治療、部分入れ歯、総入れ歯を比較してそれぞれのメリット・デメリットを解説。

インプラント治療はブリッジと異なり、他の健康な歯を傷つけることがないことをメリットと主張しています。安定感も高いため、自分の歯と同じ感覚で噛めることがメリットです。一方で歯触りが鈍く感じることをデメリットとして挙げています。

またすべての人がインプラント治療を受けられるわけではなく、糖尿病などの基礎疾患がある人は治療が受けられないことをしっかり伝えています。

デジタルレントゲンなど院内設備が充実

従来歯医者で使用されていたレントゲンの被ばく量に比べ、1/4~1/10以下となっているデンタルレントゲン設備がフォレスト歯科にはあります。デジタルレントゲンのメリットは、現像する必要がないため撮影データをすぐに確認できることです。

このデンタルレントゲンのおかげで待ち時間が短くなりました。また画像が不鮮明になってしまうこともなく、環境に左右されず鮮明な画像を保管しておくことが可能です。画像の拡大も容易で濃度を調節することができるため、より正確な診断ができるようになっています。

さらに言えばデジタルレントゲンを導入したことで、現像液が不要となりました。現像液のニオイは歯医者特有のニオイの素となっていたので、これがなくなることでニオイも消滅。リラックスして治療を受けられるでしょう。

ほかにフォレスト歯科には、位相差顕微鏡があります。この位相差顕微鏡は口腔内の細菌を確認できる特殊な顕微鏡です。歯周病菌や虫歯菌を見ることができます。この設備を導入し口腔内の細菌の数を伝えることで、予防歯科の啓発を行っています。痛みなどの自覚症状がない患者にも細菌数を見せて、日頃のケアの大切さを伝えるのです。診療室は患者のプライバシー保護のため完全個室としています。

笑気麻酔を導入

2019年12月より、フォレスト歯科では笑気麻酔を導入しています(厳密には、笑気吸入鎮静法のため麻酔ではありません)。歯石除去でも、虫歯治療でも使用が可能です。

ただし、妊娠中の人や中耳炎、直近で眼科手術を受けている人は利用できません。針を刺す麻酔では無いため、痛みを感じなくするために一度痛い思いをする必要がないのが笑気麻酔を利用するメリットです。

フォレスト歯科では笑気麻酔を希望する患者に提供しているので、治療前に申し出てみてください。

基本情報

フォレスト歯科
住所 大阪府吹田市豊津町2番30号「江坂 ナックビル101号室」
アクセス 大阪メトロ新御堂筋線「江坂駅」5番出口より徒歩7分程度
診療時間 10:00~13:00/16:30~20:30 水曜・日曜・祝祭日休診 ※金曜の午後診療は16:00~19:00まで。土曜日は9~13時のみ診療。
ホームページ http://esaka-forest.com/